2013年6月10日月曜日

田中 泯 献上 身体

先週の土曜日、田中 泯の「献上」を見に母と豊田市美へ。
地元の、しかも近所でこんな贅沢な機会があるなんて信じられなかった。
身体から湧き出る表現に圧巻。
もしかしたら、自分は仮面を被っているのではないか。
自分というものは何をもって存在すると言えるのか。
存在している「私」という身体自体から抜け出して
何もないものになり、できることなら無になりたい。
こういうことを田中 泯さんは表現したかったのかな、と
その時のことを振り返って思う。
 
鍛えられた、美しい身体はとても68歳には見えなかった。


砂を身体にかけるという表現や泣き叫ぶ時、
フランシスベーコンだけが特別にそういう気持になっただけではなく
人間だれしもが、何時かのタイミングで、似たような感情になる、
そのことを、表現の中で魅せてくれたんだと感じた。


講演終了後、とても踊った本人だとは思えないくらいの柔らかな雰囲気で
私たちの前で少し話をしてくれた。


「このくらいの大きさが僕にとっては(踊りを見せる)限界なんです」
と言った、 泯さんには本当に欲なんてなくて、
だから余計、とても自分には敵わないような、大きい人に見えた。


こんな偉大な人が、日本に彼だけじゃなく、もっとたくさんいることを思うと、
国も、泯さんが育った環境も、他の環境も、
もっと、もっと、限界なんてなくてすごい可能性がたくさん
自分が気付いてないだけで、広がっているんじゃないかと
期待と、希望が膨らんだ。




0 件のコメント:

コメントを投稿